• KOJIMA

Webでの裁判

関西の裁判所にかかっている事件で、昨日マイクロソフトの「Teams」を使った裁判に参加しました。 こっちが遠隔地にいるので、こっちはWebを通して参加、相手の代理人は裁判所に出頭して裁判官と同室で対応です。


裁判所の書記官と事前に二回接続テストをして当日を迎えます。


これまで遠隔地の裁判の場合、出頭しない方が電話で参加という手続は当たり前に行ってきましたが、Webのほうが顔が見える分やりやすいような、でもネットが途切れたらどうしようとか、うまくいかなかったらどうしようとか…まあ慣れでしょうけど。


裁判の期日のIT化もいいのですが、書面提出のIT化を進めてほしいなあと思います。郵便だとタイムラグがあるし、相手から送られてくるのも事務所でないと受け取れないし、FAXは手間かかるし文字がつぶれてしまって見づらいこともあるし。 なにより、事件が進むにつれて膨れ上がっていく記録たちを管理するスペース確保がとても大変なので。

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

公示送達

インターネットラジオの「ラジコ」でニュースを聴いていたら、韓国のいわゆる徴用工訴訟の関係で「公示送達」云々のニュースがありました。 裁判所がウェブサイトに「公示送達」を掲載した、とのこと。 日本でも「公示送達」の制度はあります。 裁判を起こす時には ①提訴者が原告として訴状を裁判所に提出。 ②裁判所が訴状を受理。 ③裁判所が被告(相手方)に訴状を送達。 ④被告が訴状を受け取る。 という段取りが必

©

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean

​その他活動